SLOWART
onlinestore

​ヤノフ村の織物 

​ポーランド東北部の小さな村ヤノフで19世紀から続く伝統的な手織物です。伝統技術は村の女性たちの間で母から子へと伝えられ、織物は嫁入り道具の一部でもありました。今ヤノフに残るのは8人の織手のみ。伝統的な織物でありながら織手独自の現代的な要素も組み合わさり、創造性にあふれた工芸品です